オリンピックまでに国旗に親しもう
国旗についてのお話
STORY

オリンピックまでに国旗に親しもう 国旗についてのお話

南米パラグアイの国旗は「国旗の変わり者」の代表?であり、表と裏があるのです。表と裏の紋章は、それぞれ別個に製作して縫い合わせるのが普通ですが、印刷物などでは表面だけが用いられています。3色は独立戦争・平和・秩序を表わすの…
国家的な不幸や友好国の元首の逝去、大震災などに際し、国旗によって弔意を示すことが国際的な常識となっています。 1964年11月22日、私はオリンピック東京大会組織員会の“社員旅行”で富士五湖周辺を通りかかったとき、いくつ…
中国大陸ではこの100年余の間に、さまざまな旗が入れ替わりました。清国、中華民国、そして現在の中華人民共和国の国旗を主なものとして挙げておきましょう。 清国の国旗。1900年、現地公館から外務省に報告された公文書による(…
日本の「日の丸(日章旗)」は1999年の国旗国歌法で、デザインを微調整して、確定しました。同様の例はほかにもあります。それまでのデザインに少し手を加えた程度の修正例もあり、国旗の変化は時に注意深くみないと気づかないくらい…
南十字星、正しくは南十字座というのでしょうが、多くの探検家たちが目印にしてきた星座です。日本からはほとんど見えません。わずかに沖縄県の波照間(はてるま)島(居住者のいる日本最南端の島)の小さな天文台から水平線のすぐ上に見…
2015年末のニュージーランド(NZ)での国旗変更に関する国民投票では5案あった中から、この国が誇るラグビーチーム「オールブラックス」のシンボルにもなっているシルバー・ファーンの葉と南十字星を描いたデザインが選ばれ、16…
今のエジプトの国旗は独立以来5回目の国旗です。イラク、シリア、スーダン、イエメン、イランも革命やクーデタの都度といっていいほど頻繁に変わりました。 王政時代のエジプト国旗(~1958年) ムバラク大統領が1984年に採択…
ネパールのこのユニークなデザインの国旗を見てみましょう。1962年、マヘンドラ国王はこの国初の憲法を制定し、政党の禁止、国王に有利な複雑な間接民主主義である「パンチャーヤト制」、ヒンドゥー教の実質国教化などを行い、法体系…
2020年の東京オリンピックまでに変わりそうな国旗がいくつかあります。 フィジー、ネパール、イラク、エジプトの国旗は、もしかして、変更になるかもしれません。フィリピンについては次の章で詳しく述べます。まず、政局激動のフィ…
話が少し進みすぎました。第2次世界大戦中の日本とビルマの関係については少し説明が必要かと思います。主役はアウンサン将軍(1915~47)です。今日、ビルマの「建国の父」と崇められ、アウンサンスーチーさんはその長女に当たり…