オリンピックまでに国旗に親しもう
国旗についてのお話
STORY

オリンピックまでに国旗に親しもう 国旗についてのお話

2020年の東京オリンピックまでに変わりそうな国旗がいくつかあります。 フィジー、ネパール、イラク、エジプトの国旗は、もしかして、変更になるかもしれません。フィリピンについては次の章で詳しく述べます。まず、政局激動のフィ…
話が少し進みすぎました。第2次世界大戦中の日本とビルマの関係については少し説明が必要かと思います。主役はアウンサン将軍(1915~47)です。今日、ビルマの「建国の父」と崇められ、アウンサンスーチーさんはその長女に当たり…
ミャンマー(ビルマ)では国民の90%が上座仏教を篤く信仰しています。私が特別顧問を務める認定NPO法人難民を助ける会が10数年前からヤンゴン(ラングーン)で、理髪や裁縫などの職業訓練を行って障害者へ支援していますので、何…
2004年には、イスラムの国には珍しい青と黄色の国旗案が議会で審議されました。その後、08年1月22日にイラク国民議会で国旗変更に関する決議が出され、投票結果は、賛成110、反対50でした。議会の審議の過程では、星はその…
2008年2月末に、大阪在住の旧知の女性国旗研究家から、イラク国旗が変更になったのかとお電話でお問い合わせをいただきました。 イラクの国旗はここ30年ほどで最も多く変更になった国旗の1つです。湾岸戦争のとき、すなわち、1…
東京五輪終了の3カ月足らずでカナダの国旗が全面的に変わりました。 64年の東京オリンピック当時のカナダの国旗。 イングランド、スコットランド、アイルランド、フランスの紋章とカナダの楓の3枚葉。 65年2月15日からのカナ…
2012年2月8日、岡山県津山市を訪ねました。夜の津山の暗さは東京に狎れた私の眼には寂しいを超え、怖いほどでした。翌朝9時に、洋学資料館の下山純正館長がお待ちくださるということなので、宿舎を出ずに、ホテルの「珈琲」(榕菴…
茨城県立歴史館の石井裕学芸員にご指導いただいた内容をもとにして鱸重時(奉卿)に焦点を合わせて、ペリー来航当時の国旗研究について、述べてみたいと思います。 重時は天保14(1843)年、28歳くらいでしょうか、「弘道館勤」…
18世紀の終わり頃、すなわちフランス革命の頃から、日本は激しい外圧にさらされます。 教科書にも出てくる大きな出来事を列挙してみましょう。 1792年、ラクスマン(露)、根室へ 1804年、レザノフ(露)、長崎へ 1808…
宇田川榕菴(ようあん・1798~1846)は江戸時代後期の著名な蘭学者、「日本における近代科学の生みの親」といわれている人です。大垣藩医・江沢養樹の長男として生まれ、1811年に津山藩医・宇田川玄真の養子となりました。1…
鎖国というといかにも縮こまって海外とは無関係に過ごしていたかのような印象ですが、国旗1つをとっても、よくぞこんなに調べていたのかというくらい、盛んに情報を仕入れていました。 松浦静山(まつらせいざん・本名は清。静山は号。…