オリンピックまでに国旗に親しもう
国旗についてのお話
STORY

コンサート「世界の国旗・国歌 学ぼう! 聴こう! 歌おう!」開催のお知らせ

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、少しずつ盛り上がりが見られるようになりました。

そんな中、世界の国旗の専門家である吹浦忠正と、世界の75カ国もの国歌を原語で歌えるという、オペラ歌手の新藤昌子は、今、オリ・パラ19競技が予定されている江東区の70の小中学校で国旗と国歌の“出前授業”をしています。このたび、日本財団のご厚意により、(株) 東京ビー・エム・シーにご協力をいただき、ピアニストの東順子の参加を得、その「成人版」のようなパフォーマンスを3回にわたり、開催することになりました。

各国の国旗・国歌に触れた後、最後は新旧の「君が代」を解説し、国歌「君が代」を全員で歌います。

都心での「アフター5」。お気軽に、お誘い合わせて、是非、お越しください。