オリンピックまでに国旗に親しもう
国旗についてのお話
STORY

縦横比が黄金比というトーゴの国旗

アフリカのトーゴの国旗の縦横比はずばり黄金比、パラオ、グアテマラ、ポーランド、スエーデンの4つの国旗は縦横比が5:8でかなりそれに近いのです。
1960年の独立時に採択されて以来、トーゴの国旗は世界で唯一、黄金比そのものを縦横比にしている国旗です。すなわち、黄金比2:√5+1がそのまま国旗の縦横比になっているのです。√(5)は= 2.23606798ですから、縦横比に置き換えると2:3.24(1:1.62、詳しくは、1.61803399…)ということになり、約5:8になります。


黄金比を国旗の縦横比にしている唯一の国旗トーゴ

それにしても、ギザ(エジプト)にあるクフ王のピラミッド、アテネ(ギリシャ)のパルテノン神殿、ミロ(ギリシャ)のヴィーナスの彫像、モナリザの顔、エトワールの凱旋門、唐招提寺の金堂、金閣寺、龍安寺の石庭、ドミニク・アングルの絵画「泉」などなど、オリエントからヨーロッパの代表的な遺跡や美術作品に黄金比のものがたくさんあるのに、世界各国の国旗には実にそれが少ないのが不思議でなりません。世界の国旗では、ほぼ半数が2:3、次いで1:2が約4分の1というのはなぜなのでしょうね。さらに考えてみたいと思いますが、みなさんも知恵を貸してください。