オリンピックまでに国旗に親しもう
国旗についてのお話
STORY

ソ連時代の遺物を掲げるベラルーシ

ソ連時代を思わせるようなルカシェンコ大統領の独裁が続くのがベラルーシです。


ソ連時代の白ロシア国旗

ソ連解体直後

現在のベラルーシの国旗

ルカシェンコは1994年以来、憲法を改正して4選を果たし、ロシアに対してもしばしば超然たる態度で時には対抗し、時には距離を縮める巧みな対応をしています。

白ロシアと言っていたベラルーシはソ連崩壊時には、ロシア革命当時の白赤白の横三色旗を採用していましたが、翌95年6月7日に国民投票の結果として今の国旗を採択したのでした。これは、ソ連当時の51年に制定されたウクライナの国旗から鎌と鎚を取り除いたものです。もっとも、白赤白の旧国旗も秘かに反体制運動で使われることがありますが、これはルカシェンコ大統領に盾突く態度ですので、厳罰に処せられています。

赤はベラルーシの歴史に由来する色です。すなわち、ドイツではタンエンベルクの戦いと言っているグルンヴァリトの戦い(1410年7月15日)を戦ったベラルーシ軍の旗が濫觴とされ、また、第二次世界大戦中にナチス・ドイツ軍と激戦を展開した赤軍の赤旗を連想させるものです。緑はベラルーシの明るい未来と深い森林を表しています。装飾文様は、1917年にデザインされたもので、ベラルーシの伝統的な織物ににもとづく文様です。

旧ソ連構成国でこのベラルーシだけが、こういう国旗であることは、「ルカシェンコ大統領がまるでドンキホーテみたいですね」とソ連科学アカデミーの有力な学者が語っていたのを思い出します。時代の変化を理解していないという意味でしょうか。

18年間に及ぶ交渉の末、ロシアは2011年には世界貿易機関(WTO)に加盟しました。これによって外国製品に対して、強引な禁輸政策や国内企業を守る保護関税をかけることは出来なくなります。市場開放が進み、外国からの投資も増えるということはありましょう。そうした流れは、ソ連崩壊20年にして、世界経済に組み込まれ、国際社会に共通な価値観を受け入れるという「流れ」であり、ロシア経済とほとんど一帯をなすベラルシ経済に大きな影響を与えるでしょう。両国の人たちが頭のどこかに残っている「力への信奉」「大国意識」といったものとこの「流れ」との相克が、まだしばらく続くものと思われます。

両国の知識人や中間階層と呼ばれる人たちが、健全な民主主義、法と秩序の尊重、国際協調の重要さを大切な価値観とするようになって、旧ソ連構成国やかつてソ連圏と呼ばれた東欧諸国、さらには西欧や日本との関係も健全化するものと期待されています。