オリンピックまでに国旗に親しもう
国旗についてのお話
STORY

両陛下のバルト3国をご訪問の時

天皇皇后両陛下は2007年5月、バルト3国と呼ばれる、エストニア、ラトビア、リトアニア(北からの順)をご訪問されました。両陛下が旧ソ連諸国を訪れるの¬は初めてのことでした。現地の新聞「ポスティメース」は24日付の朝刊一面に日本語でも「エストニアへようこそ」と見出しを付け、両陛下の訪問を紹介する記事を掲載しました。日本との友好的雰囲気はこの「皇室外交」で一層高まったのでした。


首都タリンの「歌の広場・野外劇場で歓迎される両陛下

イルヴェス大統領主催昼食会でスピーチされる天皇陛下。
皇后陛下がエストニア国旗の配色の服装をされておられる。

その時の天皇陛下の各国でのお言葉は短いものでしたが、熟慮された内容で、人々に大きな感銘を与えました。また、皇后陛下は、3国の国旗の色をアレンジした帽子、花飾り、リボン、ドレス、ベルトなどを召され、これまた大きな印象を与えたのでした。

24日、両陛下はバルト三国最初の訪問国エストニアに到着し、首都タリンの「歌の広場」野外劇場で3,600人のコーラスでの歓迎を受けられました。

エストニアは2004年に悲願のEU(欧州連合)加盟を果たし、現在まで経済が極めて好調、また、当時既に「大相撲で把瑠都関が活躍したこともあって、日本への関心が高く、両陛下のご訪問を国民は特別な思いで迎えた」(駐日大使)のだそうです。

両陛下が「歌の広場」に到着すると、人々がエストニア国旗と「日の丸」の小旗を振り、歓迎しました。両陛下は、大変感激した様子で「思いやり」「美しい歌」などエストニ¬ア民謡に耳を傾けられ、最後は日本古謡「さくら」で微笑まれました。この場所では5年に1回、10万人にもによる大合唱祭(ユネスコの世界遺産)が開催され、それがソ連時代にあってもエストニア人の心を繋ぐ民族行事となっていました。

畏き当たりからの風の便りですと、皇后さまは外国の賓客や大使をお迎えするような際、その国の国旗の色に合わせた生花を飾るようになさっておられるとのことのようです。